前記事↓

引き続き、ホテル療養退所までの記録、そして退所後の症状などまとめを載せます。

1月3日(日)

朝ごはんは隔離後はじめてのパン。

味覚ないのに、いつもと違うってだけでなんかテンションあがった。何食べても同じだけど、食感と視覚の効果って大きい。

お昼ご飯

そばと鶏そぼろご飯とケーキ。

味はなくても「甘い」っていう感覚はわかる。

食事以外その他何してたかというと、体の倦怠感がすごくて、薬の副作用がわからないけど、ずーっと寝てた

ご飯の配給時間終了10分前とかに起きて慌ててロビーに駆け込んで、ご飯食べて、寝。

眠気がすごいのもコロナの症状なのかな?

夜からやっと動画を見たり風呂に入ったり人間活動らしい活動をして、1日の8割は睡眠、という感じ。

1月4日(月)

朝ごはん

サンドイッチ好きなので、テンション上がって家族LINEに写真送って

「サンドイッチおいしい」と言ったら

「味わかるの?」

「あ、わからん」

「え?」

「おいしいって何?」

“””おいしいって何?“””

哲学。

やっぱ人間は味覚を失うと”おいしい”の判断基準が食感になるのかもしれない…

サンドイッチやわらかい!間に挟まってるペースト食べやすい!おいしい!みたいな。

お昼ご飯

チキンカレー。これも””おいしかった””(味覚はない)

この日もずーーっと寝て。ご飯時間だけゾンビのように起き上がって食べた記憶はあるんだけど、他はずっと寝。明らかに異常。

本来仕事始めはこの日だったんだけど、もちろん行けず、、

というか、ホテル出所日は1/6って決まってるけど、その後もこの体調なら出勤厳しいんだが…?と思ったり。

晩ご飯

いつも夜から目が覚めて、夜はかろうじて活動できる。多分、日光浴びてないから体内時計狂ってるのかもしれない。

1月5日(火)

朝ごはん、おにぎり。

なかなかボリューミーだった。

もはや療養中の食レポ日記みたいになってきた。でも本当、ご飯の時間にゾンビのように起き上がって食べてその他は寝込んでるから、書くこともない。

午前中に部屋に電話が来て、翌日の退所の手順について告げられた。電話の調子からして、体調がどうであろうとできるだけ早く退所してほしい、みたいな意志を感じた。ホテルも全然足りてないもんなぁ…

お昼ご飯

この日はなんだか体が熱っぽくて、途中体温を測ったら37.0度だった。普段は体温低いから、37って出るのはかなり珍しい。

いつものようにlavitaに記入して、前までは体調に変化があると事務局から電話が来たけど、もう来なかった。拍子抜け。

晩ご飯

夜もなんとなく熱を持ってる感覚があったし、

鼻の奥ツンとする感じまだあるし、味覚もないし、何も改善してないけど、

とりあえず明日退所なのは確定している。

1月6日(水)

七時起床。最後の朝ごはん

朝からトンカツはめちゃボリューミー。

9時頃電話が来て、再度退所の流れを確認される。

・部屋のリネン類はすべて廃棄なので出る時に持っていく

・忘れ物あったとしても原則廃棄なので気をつけて

・帰りは送迎の車などないので、公共交通機関かタクシーかで帰るように

と言われる。

10時になり、部屋のゴミやシーツをまとめて、退所。

出る際に封筒を渡された。中には、宿泊療養証明書の請求書や、退所後の観察などなど。

荷物があるしそこまで元気じゃなかったので、タクシーで帰宅。

約1週間の隔離生活が終わった。

ホテル療養後1〜2日後の症状

正直、入所した頃と特に差はない。元々軽症なのもあるけど、

・体だるい

・頭が重い、痛い

・鼻詰まり、奥がツンとする独特の刺激

・味覚嗅覚の消滅

これら何も治ってない。

いつ治るんだろう、、、

とりあえず味覚が戻るには亜鉛をとるといいと聞いたので注文し。

「久しぶりのシャバの空気はうめえな!」

とか言ってみたかったのに、味覚ない。

 

ホテル療養後3、4日後〜の症状

・体がだるい、眠気がすごい

のはなんとなく残ってるが、なんと味覚・嗅覚が復活

ナチュラルに戻っていて気付くのに結構時間かかったけど、「味がある!味が!!」って感動した。

まとめ

ホテルでの療養は治療のためではなく、感染拡大を防ぐためだと分かった。

ホテルではこれといった治療はなく、朝夕に一日2度の体温測定とパルスオキシメーターの数値を報告、たまに安否確認の電話が入る。

特に薬の処方などもないし、自己治癒を待つだけ。他人に感染させてしまう恐れのある期間を過ぎると、出所させてもらえるという感じ。  

しかし完全な放置型自然治癒治療だったのが、いくら軽症でも、若さで乗り切った感。中年〜高齢の方がこれと闘うのはやっぱりしんどいと思う。特に今は感染拡大しすぎて適切なケアを受けられてない人がわんさかいる状態で、実際に自宅療養下で悪化して命の危険があった記事も見た。

コロナにかかってしまった人、お互いご自愛して回復していきましょう。

コロナにかかってない人、本当に、かからないことに越したことはないです。気をつけられるものではないレベルに感染拡大してますが、「もうかかってもいいや!」って自暴自棄になる手前で我慢することを、お勧めします。

2021年こそは、疫病が落ち着きますように…。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です