ど〜も、紗です。

普段私はブランドの公式インスタや広告画像を見る時は、よく〇〇_jpじゃなくて

〇〇_kr(韓国)、tw(台湾)・もしくがブランドの中国向けweiboアカウントなどを検索している。

今回紹介したいのはこちらのアカウント!Carhartt Koreaの公式。

うずまきみたいなロゴが特徴。

ストリートキッズたち御用達のブランド。男性ユーザーの方がメインだけど、女の子が着てももちろんオシャレ。気張らないラフなスタイルが良い。

 

実用的なサンプルが欲しいんや

さて、なぜ私が他アジア諸国のアカウントをわざわざチェックしているかと言うと、

アジア人に合うスタイリングが参考になるから。

昔はファッション雑誌が大好きで、よく読んでた。10代の頃とか、少ないお小遣いで月に三冊買っちゃう時もあったり。でも、ある時から全く買わなくなった。それ以来、ずっとSNS中心に参考にしながらファッションを楽しんでいる。

雑誌から遠ざかったきっかけは、身近なアジア国のエンタメに触れるようになり、日本のメディア(特にファッションや美容の世界)は奇妙だと感じ始めたこと。

白人・コーカソイドを異様に推していて、レイシズム気味。スナップや広告にはやたらと不自然なくらい白人が出てくるし、ハーフメイクをこぞって特集して、みんな白人風の顔や骨格に憧れろと言わんばかりの空気。それに気付いてから、読んでも楽しくなく、感動もしなくなった。

こちらはCarhartt Japanのページ。

試しにフィード欄を見てみて欲しい。アジア系がほぼ居ない。同じブランドでも、Korea版とは大違い。仮にSNS運営側の仕組みや様々な事情があってこうなっているとしても、やっぱり変。

日本に住む多くの人はモンゴロイドなのに、なぜでしょう。

私もアジア人、髪は染めていないからちょっと茶色寄りの黒、目はブラウンがかった黒色、顔の彫りも浅くて平べったい方。

そして私は、身につけるアイテムそのものに魅力を感じるよりも、自分が着た時に似合ってたらテンションが上がるタイプ。この場合、全体像から逆算して服・メイク・髪・骨格的な要素を考慮した上でコーディネートを作り上げてやっと、本来の良さが活かせられるスタイリングが出来る。

だからこそもっと自分に近い素材を持つ人のコーディネートとかを参考にしたい。人種や容姿が大きく違う人の広告を見てもあまりピンとこない訳で。持ち合わせてないものに憧れるより、すでにあるものを活かしたい。

面白いのが、先程のCarhartt Japanのページのように日本で街中を歩いているとどんなブランドの広告にもたくさんの非アジア人が出てくる(主に白人)。それに対して、中国だと同じブランドの広告でも必ず東洋人が起用される。実際、中国にいた時にも人々の価値観の中に日本ほど強い”白人コンプレックス”を感じなかった。アジア人としての独自の美意識、誇りがあるな、というのを肌で感じた記憶。

 

Carhartt Koreaは皆の味方

で、そんなこんなで、前置きが長くなったけれども。

Carhartt Koreaアカウントに載ってるお写真、男女どちらもめっちゃ良いのですが

今回はガールズだけ抜粋して載せていきます!

ゆるい格好でもパジャマ感が無い。
おしゃれラフという上級技を簡単にこなしていて拍手。
自然体でヘルシーな雰囲気が理想的。
カジュアル感の強いシャツワンピに黒ハイソで引き締め、
バケハ&ポシェットと毛先ブリーチの色がばっちり。
計算し尽くされてる。

バランス感の神ですか?配色もシルエットも絶妙。
印象の強い眉上バングにナチュラルな素顔風のメイクが
シンプルで、潔い。
柔らかい水色トーンでまとまったコーディネートに
ゆるいヒッピーパーマがかわいい。萌え

パキッとしたオレンジと水色のコントラストが美しい。
コーディネート全体で4色使いだけど
うるさくならずにシックにまとまってる上級感。
はっきりした水色と黒髪の相性の良さ。
淡いピンクにも黒髪は映えるね。
オレンジと水色の相性もひたすらに良いね。
髪色が差し色・締め色になってて100点。
手持ちの服でできそうなコーディネート、
さっそく明日これにしようかな〜
迷彩柄のインパクトが和らぐ、
シンプルで清潔感のあるヘアメイク。
いかつくなりすぎない抜け感が良い。
モノトーンのクールなスタイリングに
ピンクの火照ったチークとリップがかわいい。
コーラルのチークとリップでカジュアルな服にも馴染んで
ほんのり愛らしい雰囲気がかわいい。
ブラウン、ネイビー、白、黒の4色使いでも
うるさくならない纏まり。
ヘアスタイルのバランス感と配色は言わずもがな、
鼻ピアスから最高な個性を感じてニクイ

ページ2へ続く

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です